シティポップ?ミクスチャー?Suchmosが気持ちいい。

シティポップ・リバイバルな昨今、様々な洒落乙バンドが誕生しているようです。

そもそもシティポップとは、

日本のポピュラー音楽のジャンルのひとつ。 主に1980年代に流行した、都会的なイメージを前面に出したポップスを指す。ムード歌謡をよりポップで現代的にしたものや、高年齢層へのアピールを強く意識したソフトなロックなどの総称である。「和製AOR」などとも呼ばれる。 

引用:シティ・ポップ - Wikipedia

なんだけど、2010年代のシティポップは

さらに新しいハウス、ヒップホップ、オルタナティヴなロックまで含まれますし、なによりも先達が作り上げたシティ・ポップを参考にしながら、今の時代に合った音楽へとアップデートすることができるわけです。

引用:第162回:ネオ・シティ・ポップ2015 パート2 | DrillSpin Column(ドリルスピン・コラム)

なんだとか。

 

そんな新世代のシティポップから、素敵なバンドを見つけました。

 Suchmos

▼YMMはヨコハマ ミナト ミライの略

神奈川出身のSuchmos(サチモス)、バンド名はルイ・アームストロングの愛称「サッチモ」が由来だそう。

Jamiroquaiなんかのアシッドジャズを彷彿とさせ、もろ世代の私は胸がトキメク仕上がり。グルーヴィーでソウルフル、涼しげな都会の夜だなあ。とにかく気持ちいい!

 

素敵な音楽見つけた!とウハウハしていたんですが、実は2014年のフジロック(ルーキー・ア・ゴーゴー)に出ていたんですね。

そして、今年の朝霧ジャムにも出ていたんですね。

 

気づきませんでした…

 

ディグが足りてません…

 

 

というわけで、最近はApple MusicでSuchmosを聴きながら出勤しています。

 

Suchmosのライブ情報をチェックしていたら、来年2月開催、GRAPEVINEのLIQUIDROOM公演に出演するとの情報をゲット。

チケット取れるか微妙だけど、これは行くしかないかも。

 

 ▼メンバー全員スケーターらしい。