映画「レインツリーの国」感想

f:id:vip-de-marika:20151201053422j:plain

あらすじ

社会人の若造が、前読んだとある小説の結末なんやったけっけ?ってググり、検索に出てきた小説の感想のブログに共感して、ブログ管理人にメッセージ送るとこから恋愛ハッテンしてく話
 

感想

恋愛が下手云々言ってる割にうまい言葉ですぐ言い返せたりできるのは現実味ない。ただこの映画は一般的な恋愛映画とは一味違い、障害者と健常者の心理的な壁(?)がメインであり、それに対してあーそうだよな...と共感する場面が多々あった。見応えある映画だったと思う。
あと印象に残ったのは、主人公・ヒロインのどちらの上司役も味のある個性だったこと、主人公が隙あればiPadマンの現代っ子だったこと。
 
つまりこの映画、一言で表すと
 

西内まりあ が 可愛い。